?

スローライフな町づくり

2009年8月 3日 16:36 | コメント(0) | トラックバック(0)

仙台の味・名物「ずんだ餅」:枝豆香(しずか)日本の伝統が生んだスローフード枝豆の香りと、...

 

「ゆっくり、ゆったり、ゆたかに」。マイナスイメージをプラスに切り替えたいものです。結果だけでなく過程を楽しむことも重要です。地域の自然、歴史、伝統、文化を大切にして暮らすことも。また、感性を磨き、みずみずしい人間関係を取り戻すこともいいでしょう。こうした価値観の変化は、新しい暮らし方をつくりあげるでしょう。

スローライフを単なる個人のライフスタイルのレベルにとどめず、町づくりへと大きく前進させたいですね。田舎暮らしでは、地域の活性化のためにお互いの力を合わせ、新しい地域文化を創り出すことも重要です。スローライフな町づくりはそこに住む自分たちのスローライフにもなるのです。

 

 じゃらん  ネットで儲ける!  バストを大きくする
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

スローフードとは
彼らの運動の原点は、「スピード」や「ファースト」から距離をおいた食べ方、地域ごとの伝統素材と味、あるいは家庭の味、といった多様な食文化を守ろうとするものです。
地産地消
日本のスローフード運動では、日本の農家を守ろうという趣旨もあります。日本の食料自給率は40%を切っています。このスローフード運動とともに日本の食糧自給率も上げて生きたいものです。
スローライフとは
スローライフとは、「素直な自然体でいるような生活」のことをいいます。なぜ今スローライフが叫ばれているのでしょうか。
田舎暮らし
田舎暮らしはスローライフだけではなく、スローフードも実感できます。自分で作った野菜やその地域の素材を使った地域の料理つまり地産地消ができるのです。
スローライフな町づくり
「ゆっくり、ゆったり、ゆたかに」。マイナスイメージをプラスに切り替えたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1388

コメントする

このサイトを購読する